秋はオシャレの季節とも言われますが、せっかくのファッションもカサつき肌では台無し・・・肌ケアも含めて身だしなみを整えましょう。

空気の乾燥する季節になり肌のカサつき、ざらつきを感じる男性も多いのではないでしょうか?「肌の乾燥」はさまざまなトラブルを生みます。
乾燥した肌は紫外線などのダメージをうけやすく、かさつきなどの原因にもなってしまいます。単純に見た目が損なわれるだけでなく、不快感ももたらすものですから、きちんとケアをしていきたいものです。

乾燥や肌トラブルに悩む人にとって、味方となるのが「化粧水(美容液)」です。これは基礎化粧品のなかでも特に基本的なアイテムであり、多くの人が使っています。
「クリームなどを積極的に使っていくのは、なんとなく気恥ずかしさがある」という人も男性にはみられますが、化粧水を使うだけで、肌の状態が変わっていくと実感できるケースも多いものです。

なお、「化粧水」と「美容液」には、法律的な違いはありません。一般的に「化粧水」は「水分を肌に補給するためのもの」、「美容液」は「有効成分が多く含まれているもの」と解釈されることが多いのですが、明確な使い分けがされていないケースも多く見られます。
ここでも、「化粧水」「美容液」の別なくお話していこうと思います。

化粧水は用途によって選び分けるのが大事

「化粧水」と一口に言っても、そこに含まれている成分は実にさまざまです。
保湿対策用として開発された化粧水もありますし、ニキビ対策を旨として作られた化粧水もあります。同じブランドが打ち出す「化粧水」であっても、配合成分は目的によって大きく異なります。このため、自分に合った化粧水を選び分けるのが何より大切です。

保湿ケアに重点を置いて開発された化粧水の場合、ヒアルロン酸やコラーゲン、あるいはセラミドなどが配合されていることが多いといえます。これらは体の中にも含まれている成分ですが、外から塗布した場合は保湿の意味を持ちます。また、どれか一つだけでなく、これらの保湿成分が複数入っている化粧水もあります。

対して、ニキビ対策用の化粧水の場合は、植物性のエキスなどがよく配合される傾向にあります。また、チャ葉エキスなどのように、抗菌効果や収れん効果のある成分が配合されていることが多いのが特徴です。

人の肌の状態は一定ではなく、また悩みも一つではありません。加えて、同じ肌トラブルでも油分が原因で起こる場合もあれば乾燥が原因で起こる場合もあります。代表的なのは「ニキビ」で、これは肌に油が多すぎるときにこれをエサとして菌が発生することで起こる一方、肌が乾燥していて肌の新陳代謝が悪くなり皮脂が正常に分泌されなくなったことで起こることもあります。
そのため、化粧水を選ぶためには、まず「今の自分が抱えている肌トラブルとその原因」を考えることが重要です。

男性も肌質に合わせて化粧水を選ぶ時代

現在は男性でも使いやすい、メンズスキンケア用の化粧水もたくさん打ち出されています。特にDiNOMENでは、「乾燥肌用」と「脂性用」と分けて化粧水を展開しています。

「乾燥が気になる」という人ならば、ヒアルロン酸をはじめとして多くの保湿成分が配合されている前者を使うのがよいでしょう。しっとりとした落ち着いた肌を作ることができます(ヒアルロン酸自体は、脂性肌用にも配合はされています)。

反対に、「肌が脂ぎって困っている」という人の場合は、チャ葉エキスなどを配合した後者の化粧水の方が使いやすいでしょう。また、使用感も比較的さっぱりしているため、前者よりも爽快感を持って使えると評価されています。

DiNOMENのスキンケア用品は、男性用にと開発されています。このためボトルデザインもスタイリッシュであり、男性が使っていてもまったく違和感がありません。このあたりも、「気恥ずかしさ」を感じがちな男性にとっては使いやすいポイントといえるでしょう。

日頃のスキンケアで乾燥する季節も潤い肌をキープしよう

フェイスローション ドライ&オイリー

2つの肌特性に対応したそれぞれのフェイスローション。

2つの肌特性に対応した、それぞれのフェイスローション。

brush-bnr

RM

RM